会社売却について詳しく知る|スムーズに開業する

会議

メリットを知る

貸工場を経営しようと考えている人がいるのであれば、貸工場の経営により得られるメリットや上手な経営方法について把握しておくことをお勧めします。上手な経営方法については、専門のコンサル会社に相談することで知ることができるでしょう。

相談

テナント物件を探す

柔道整復師の資格を所有していれば、整骨院を開業することが可能です。整骨院を開業する時には、サービスの利用者のことを考えたマーケティングを通してテナント物件を探しましょう。

社内

地域住民にアピール

歯科医院にとって、患者の獲得というのは大きな課題の一つです。専門のコンサル会社に内覧会についての相談を行ない、実施することによって増患を期待することができるでしょう。

クロージングまでの流れ

オフィス

もし、会社を所有する経営者の方の中で会社売却を行なおうと考えている人がいるのであれば、コンサル会社の利用をお勧めします。ここで言うコンサル会社というのは、会社売却に関するアドバイスを行なってくれる会社のことです。そういった会社に相談することによって、会社売却をスムーズに進めていくことができるでしょう。多くの経営者は、会社売却を行なった経験がないはずです。そのため、手続きに関して分からないことも多いものかと思います。コンサル会社に相談することで、手続き等におけるミスを防ぐこともできます。ここでは、コンサル会社を利用した際の会社売却の流れについて知っていきましょう。

コンサル会社を利用した会社売却では、まず売り手となる会社とコンサル会社で契約を交わします。契約後、コンサル会社は会社売却に関する提案資料を作成し、売り手側の経営者の方とヒアリングを通して内容を確認していきます。そして、経営者の方が内容に納得したのであれば、その提案資料に合わせて買い手を探していくのです。ただ、買い手を打診する時には、ネームクリアの確認を事前に行なっておく必要があります。ネームクリアというのは売り手側の会社が保有する重要な資料を買い手側に譲渡しても問題ないのかどうかを確認するといったもので、リスク回避ためにネームクリアを行なう経営者の方も少なくなりません。ネームクリアの確認が終われば、コンサル会社が買い手を打診してくれます。買い手側は簡易的な情報みが掲載されたノンネームシートを提示され、会社を購入するか検討します。検討の結果、会社を購入すると決まったのであれば両会社の経営者同士で面談を行ない、意向表明書の提示及び基本合意契約書の締結、デューデリジェンスの実施後に最終譲渡契約書の締結、そしてクロージングとなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加